TPOで分ける着物の種類は4つ!

TPOで分ける着物の種類は4つ!

一口に「着物」と書いても種類は様々。
今では”和服”を指す言葉ですが、昔は広く「着ているもの」を指す言葉でした。

 

今では、和装のことが着物と呼ばれていますよね。このページでは、現代で「着物」と呼ばれるものについて書いていきます。

 

着物のTPOはこの4パターン!

行く場所によって着るものが変わります。
洋服にカジュアルなものやフォーマルがあるように、着物もTPOに応じて、着用する種類が違ってきます。

 

大きく分けるとこの4つ。

 

・礼装(正装)
・略礼装(準正装)
・外出着(お習い事)
・普段着

 

もう少し詳しく見ていきますね。

 

礼装(正装)

打ち掛け、黒留袖、本振袖、喪服など。
おめでたい「慶事」と、不祝儀の「弔辞」に着用します。特別な儀式で着られる、最も格調高いもの。

 

略礼装(準正装)

礼装着の次に格が高いもので、入学式や卒業式、友人の結婚式やパーティーなど華やかな場面。

 

外出着(お習い事)

付け下げ、付け下げ小紋、紬の訪問着など。
軽い外出やお稽古、趣味の集まりなど、訪問着を着るときよりも、気軽な場面。

 

普段着

紬やウール、木綿、浴衣など。
ちょっとした外出や自宅で着る、格の低いもの。

 

場を見極めよう

着物の着こなしで大切なのが、まず場によってふさわしい「格」のものを選ぶことが大切です。

 

といっても、難しくはありません。結婚式やお葬式など、明確なルールがあるからです。

 

普段着や友達との着物会なら、もちろん何をきてもOK。東京五輪のKIMONO PROJECTもありますが、アウトドア着物や着物屋くるりの3万8000円〜のパターンオーダーの洗えるウォッシャブル着物も登場していますが、今風の着こなしも素敵ですよね。

 

着物を買取に出す時は?

坂上忍さんがCMをされているバイセル着物買取のように、タンスに眠っている着物は口コミや評判の良いところに買取ってもらうのも手。

 

意外と作家物・ブランド物・有名産地の着物がしまい込まれていることも。整理とともにバイセルなどの無料査定のプロにみてもらうのも良いですね。